医療用ウィッグの選び方

HOME | 医療用ウィッグ | 医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグをどこで購入したら良いのか?
どんな髪質があってそれぞれの特徴は?
既製品とオーダーどちらがいいのか?
ご自分に合ったウィッグを選ぶための参考になさってください。


 
ウィッグの販売店 


販売店によってサービスやできることが違いますので、まず各販売店の違いを比較して頂き何処で購入する事がベストなのか?検討してみましょう。




希望スタイルにカット
サイズ調 
メンテナンスのサービス プライバシーの保護
通信販売

・できない ・できない 可能
店頭販売

・店舗によってできる ・デパートなどでは無理 ・デパートではできない
病院の展示会

・展示会の日が決まっていない
 のでその日しか対応出来ない
・展示会の日しかメンテナンス
 も
受けられない
・病院によって可能
美容室併設専門店

・専門の美容師が対応可能 ・美容室併設なら可能 ・個室対応になっている 


ウィッグの素材  

 


ウィッグの髪の材質は三種類あります。素材によって特徴があり扱いやすさも違いますのでご自分にあった材質のウィッグをお選びください。


毛髪の種類

長所 短所
人毛

・質感手触りが自然
・カットやパーマができる
・職人による手植えが多い
・アイロンが使用できる
・スタイルが持続できない
・髪色が退色しやすい
・シャンプー後のセットが大変
・人毛の質が安定していない
・比較的高価
人工毛

・スタイルができている
・価格が安い
・大量生産
・テカリがある
・熱や摩擦に弱い
・カットできない
・ネットが荒いのでチクチクし易い
・安価な物は髪が絡み易い
MIX毛

・洗ってもスタイルの持続性がある
・カットなどのアレンジが出来る
・お手入れが簡単
・アイロンが使用できる
・職人による手植えが多い
・人工毛の部分が縮れる
・パーマ・カラーはできない


 
ウィッグの種類 


販売店によってサービスやできることが違いますので、まず各販売店の違いを比較して頂き何処で購入する事がベストなのか?検討してみましょう。




長所 短所 価格帯
既製品

・スタイルが多く種類がある
・価格が安い
・毛量や長さのカットができない
・サイズ調整できない
1万円〜 8万円
セミオーダー

・顔に合わせてカットできる
・サイズ調整できる
・当日に持ち帰りできる
・専門の知識が必要なので
・何処でもある訳ではない
5万円〜 20万円
フルオーダー

・スタイル 
・髪色など自由にオーダーできる
・値段が高い
・仕上がりまで1ヶ月以上かかる
30万円〜80万円


Copyright 2017 ANTIQUI. All Rights Reserved.

 
Copyright 2017 ANTIQUE. All Rights Reserved.